かたらんラウンジ

起業を目指す現役生命保険コンサルタントが価値観やモチベーションについて考えたことを整理して語らんとするブログ

#1 Book of the Year2015!!

かたらんです。

2016年はちゃんと読んだ本を記録していこうと思っています。そんなガチガチにレビューして云々とかは書くつもりないですが、単純に自分なりにモチベーションとか目標設定とかにひっかかってくるものをちゃんと文字として残しておきたいなと思ったからです。それが本だろうが雑誌だろうが、とにかくカウントアップしていこうかなと。

下手に分類しようとすると面倒になってものぐさな自分は絶対に続かないのでw

新年は去年の総括から入ると読む指針が少し固まりやすい

というわけで新年一冊目はダ・ヴィンチ2016年1月号。いきなり雑誌という気の抜きよう。いいんです、これがかたらんです。(開き直り)

 

ダ・ヴィンチ 2016年1月号
 

 

妻がダ・ヴィンチの愛読者で毎月買ってくるので、たまに見せてもらっています。僕は本屋が大好きで週3ぐらいは普通に通うんですがやっぱり見る棚が偏るんですね。基本はビジネス・自己啓発、あとは心理学、金融、歴史ぐらいなもんです。

小説は殆ど読みません。あまり面白いなと思った小説って人生で今まであまりないんですけど、それでは人としての感情が欠落しているのでは!と妙に焦りちょっと頑張って目を通してみようかなと思ったんです。

ただ、今まで読んできてないので何読んだらいいのか全然わからんので、ひとまずたくさん小説が載ってそうなダ・ヴィンチを指針にしてみようかなと思い至り、借りました。

ビジネス系のおすすめは「なんだこれかよ」っていうなんとも正直おもしろくないランキング(一生懸命作った記事なのにスミマセン・・・)だったので飛ばしましたが、漫画と小説のところは書評たくさん読みました。

面白そうな世界が広がっている。。。!と単純に思いました。

 一番気になったのは俳優の滝藤賢一さんが選んだ一冊。久坂部羊さんの『破裂』。

これは近々買って読みます。

 

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

破裂〈上〉 (幻冬舎文庫)

 

 

 今年はちょっと小説にいろいろチャレンジしてみようかなと純粋に思わされる良い特集でした、1月号。

 

ちなみに、かたらんの好きなん小説は、泉鏡花。 

 

高野聖 (集英社文庫)

高野聖 (集英社文庫)

 

 

 あとヘミングウェイ

 

誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)

誰がために鐘は鳴る〈上〉 (新潮文庫)

 

 

 これはよかった。じっくり読んだ作品。大学時代に手に取ったんですがこの辺からスペインが好きになっていったのを記憶しています。同時に読んだジョージ・オーウェルはあんまり好きになれなかった。

 あと、ミヒャエル・エンデの『モモ』。

時間と資本主義ですね。素晴らしい。これで読書感想文かいた記憶があります。当時は時間について全然考えが至ってなくてただ物語のあらすじを書いて提出したような気がしますw

モモ (岩波少年文庫(127))

モモ (岩波少年文庫(127))

 

   中学の時に読んで衝撃を受けて何度も読んだヨースタイン・ゴルデルの『ソフィーの世界』。これは本当にその後の人生に影響を与えた本だったと今やっと思えます。だって中学のときに「あなたはだれ?」なんて問われたら厨二病全開期にそんなの思考と妄想が爆発するじゃないですか。これは良い作品。今年また改めて読もうかな。

 

 

 2016年1発目に読んだ雑誌が特集だったので昔を少し思い出してよかったですw

そんなこんなであっさりと記録していきたいと思いますのでお付き合いよろしくお願いします(›´ω`‹ )