かたらんラウンジ

起業を目指す現役生命保険コンサルタントが価値観やモチベーションについて考えたことを整理して語らんとするブログ

#7 自分のお金は自分で守る/なぜ、富裕層はスイスにお金を預けるのか?

かたらんです。

今回はプライベートバンクのお話。
プライベートバンクってなんだ?聞いたことありますか?

文字通りプライベート(個人のための)バンク(銀行)です(u_u)
顧客の資産を、各人のリクエストに合わせて担当者が資産を管理して、アドバイスをします。

富裕層を対象としたビジネスだと思うんですが、自分に関係ない、というのではなく自分のお金の守り方にはどういう方法があって、どういうヒントがあって、っていうアンテナを建てるのも大事なこと。

資産を守るには、自分を取り囲むリスクに気づくのが先


まずもって、日本は災害の多い国です。
ここの前提はおさえておくと良いんじゃないかなと個人的には思っています。

地震が起こったらお金どうなる?みたいなこと、ちゃんと考えてますか?

大規模災害が発生すると、円の価値がどうなるのか、とか、地政学的なリスクも尖閣諸島問題、竹島、などなど。こういう出来事って自分の生活には関係ないと思ってないですか?

甘い甘い。

細かい話は省きますが、いろんなリスクがあると、金融面では高いリターンがあるものです。

ただ、今のハイリスクな日本で、ハイリターンの金融商品って何なんだ?というお話。

今、資産があるよっていう人も、資産って何?っていう人も、どういうリスクが自分にあるのかっていうのは明らかにしておいた方がよろしいかと。

読書の戦略化は自分の将来を助ける


最近こういうプライベートバンク(PB)の本を意識的に多く読むようにしています。

将来的にプライベートバンクの方向に仕事を創り出していきたいからです(u_u)

自分の大事な顧客の資産をトータルで管理してアドバイスしたいという考えで普段動いていますが、いろいろ調べたらプライベートバンクというシステムにたどり着きました。

今後、数年でそちらの方向に一気に舵を切る決意をしたので是非、応援してください。

とにかく、これから資産を築いていくぜ!っていう人にはとても参考になる本だと思います。

なぜ、富裕層はスイスにお金を預けるのか?

なぜ、富裕層はスイスにお金を預けるのか?