読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かたらんラウンジ

起業を目指す現役生命保険コンサルタントが価値観やモチベーションについて考えたことを整理して語らんとするブログ

水族館は仕事に大切な「適応」について教えてくれる場所

久々に何もないオフが作れたので、娘と名古屋港水族館に遊びに行ってきました(^_-)-☆
水族館に行くたびに思うんですけど(そんなに行くことがないから思うのかもしれない)、海の中に入ってこんなでかいのがいきなり泳いでたら気絶するな、って。。。
 
f:id:catalan:20160614014318j:image
我らがグランパスのマスコットにもなっているシャチ。
低迷してるけど小倉監督大丈夫かっていう。
悠々と泳ぐ様に「中位力」というものは微塵も感じられなかったので、頼むよグランパスといったところです。
 
f:id:catalan:20160614014230j:image
亀への食いつき方半端なかったです。
「カ、カ、カメサンダー!」と食い気味に列に割って入っていきました。
日曜日の15時過ぎに「ちょっと混んでるかなあ」と思って行ったんですが、予想をはるかに超えた人の少なさに快適感を覚えました。今度から名古屋港水族館は日曜の夕方に行くことにします。
 
動物園に行っても、水族館にいっても思うことがあります。
それは「環境に適したものだけが生き残る」ということ。結局ここに尽きるんだなと改めて思いました。実はダーウィンの進化論って僕は全てを信じるというはできてないんですが、「適応」っていうのは絶対に重要だと思います。
 
職人のように一つのことを貫くことも、何かを継承していくときに必要なことだとは思いますが、それ以外のことは適応しているはずなんですね。仕事のやり方においても流されちゃいけないことと、環境に適応する仕事の仕方(マーケティングとか)は必須だなと強く感じました。
動物に学ぶことはとても多いですね。